スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その864「夫の性的指向」

Q. Hさんからのメッセージ


結婚後に、夫がゲイだと判明しました。

いろいろありましたが、なんとか離婚せずに続けています。

夫はは性的対象は男性だけど、恋愛感情は異性の女性しかにしか沸かないらしいです。


性交渉は女性ともできるけど、男性の方がいいみたいです。
そういう方々も実際にいらっしゃるのでしょうか?

A.

通常、ジェンダーで問題になってくることに性自認と、性的指向があるわ。


性自認は、「自分の心の性別」。

体の性別と心の性別が異なる場合は、性同一性障害ということになるわ。


性的指向は、「好きになる対象の性別」ね。

同性が好きであれば、同性愛。異性が好きであれば異性愛。

どちらも好きになるのであれば両性愛になるわ。


しかし、厳密に言うと、性的指向の中には、

「性的な興味を抱く対象の性別」と、「恋愛対象となる性別」二つの意味が含まれます。


この二つは一致している方が多いけど、異なる場合もあるわ。


アテクシも、女性を恋愛対象として

「デートしたい」「親密になりたい」と思った時期があります。


でも、女性に性的な興味を抱けないので、

性的興味の対象でもあり、恋愛対象でもある男性が好きになったのよ。


だからご主人さんのようなケースも、充分ありうるとは思うわ。


参考になったかしら?




☆祝 アテクシ5冊目の新刊発売!!☆

「失敗しない“心のお医者さん”の選び方 かかり方―現役医師が教えます !」


「どうやって精神科を探したらいいの?」

そんな疑問にTomyがお答えします。

今回の本は、精神科選びのガイドブックです。

知人に精神科医がいて、相談してくれるような本を目指して書きました。

ぜひぜひ読んでみてください!!



関連記事
[ 2015/09/16 18:51 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2771-8bca45da


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。