スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その838「母を軽蔑してしまう」

Q. Oさんからのメッセージ


Tomy先生はじめまして。
とても苦しいのですが 誰にも相談できずに本当に悩んでいます。

ご相談したいのは母のことです。

私の父親は 女、酒、ギャンブルにだらしなく お酒を飲んでは母に暴力を振るっていました。
私は小さい時から 母を守らなければという気持ちが強かったように思います。
そんな両親の影響なのか 私には 幸せな家族を作りたいという願望が強く 今の主人とは高校を卒業してすぐに同棲を始めました。

やっと自分の幸せをつかみかけたと思ったのですが、父から暴力を振るわれるので母から一緒に暮らして欲しいと言われました。
助けて欲しいと。

ふたりの子供にも恵まれ 私も当時は 母親の怪我の心配もしなくて済むし 孫を授かって嬉しそうにしている母をみると やっと母を助けてあげられたかなと思っていました。
母はとても働き者の性分で 昼夜ふたつの仕事を掛け持ちして 私達に生活費も入れてくれたし 未熟な私の子育てを支えてくれる心強い存在でした。

ですが母は 心の底で父に対する恨みが強く、いつも父の悪口を言っていました。
まだ幼い 可愛い孫たちへも 汚ない悪口を言っていました。

一方で孫の入学や卒業などの時には、当たり前のように父に連絡してお祝いを催促したり、
都合のいい時だけ父をおだてたりいい顔をしたりして 頼る時だけ頼っていて、私はそんな様子を見るたびに母を徐々に軽蔑するようになっていったように思います。


母は現在、身体が弱くなり病院も3つ掛け持ちし、私がすべて付き添って行かなければならなくなりました。
入退院を繰り返すうちに 少し認知症も入ってきています。

今となっては ピント外れなことばかり言う母と しゃべるのも嫌だしイライラしてしまいます。
母が近い将来亡くなっても悲しくないんじゃないかと思うと、自分がとても非情な人間に思えて怖いです。
毎日 自己嫌悪で 自分に自信が持てなくなってしまいました。

こんな私は冷血な人間でしょうか。
今日こそは優しい言葉を掛けてあげようと心に誓っても 夜にはウンザリして素っ気なくしてしまう・・・その繰り返しです。



A.

決して冷たい人間などではないと思うわよ。

アナタは色々背負っているのだし、気持ちの余裕がなくなることだってあるわよ。


お母さんに対して、いろいろな気持ちになるのもわかります。でもお母さんも、もう弱ってきているので、言っていることを一つ一つ真に受けることはないと思うのよ。


「はいはい」と聞き流す事だって時には必要。お母さんが「馬鹿にしないで」って怒るぐらい聞き流したっていいんです。


お母さんと向き合っている一から百まで真面目に「親孝行」しようとすると疲れが出ちゃうのよ。


アナタは十分過ぎるぐらいに自分の役割を果たされていると思うわ。


たまにはいい加減な娘になったっていいじゃない。やることはしっかりやってるんですもの。

参考になったかしら?











☆アテクシの新刊はコチラ↓↓

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA


アマゾンではコチラから↓
http://p.tl/RfRC


関連記事
[ 2015/02/22 10:18 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2635-e3064cde


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。