スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その828「チックのある娘」

Q. Jさんからのメッセージ


Tomy先生、はじめまして。
最近 blogを知り、すっかり先生のファンになりました。過去に遡り拝読いたしました。

私は主婦 J と申します。
娘 のことでご相談させてくださいませ。


4月に入った頃から、目をパチパチさせたり顔を歪めたりするようになりました。最近ようやく目のパチパチと顔を歪めるのが治まってきたかな…と思ったら今は、1日中ずっと鼻をクックと鳴らしたり、咳払いばかりしています。

小児科では『チック』と診断され精神安定剤を処方されました。

服用しましたが、副作用なのか、眠さと怠さで翌日の学校行事に差し支えてしまい、5日で服用を止めました。症状の改善はありませんでした。

次に耳鼻咽喉科へ連れて行きました。そちらでは『後鼻ろう』と診断されました。耳鼻科の先生は「チックではない」と仰ってくださり救われた思いでした。後鼻ろうという病名がはっきりして、そのお薬をのめば改善されると娘も私も期待しましたが、改善しませんでした。

今は、咳払いやクックと鼻を鳴らしすぎて、鼻や喉が痛くなってしまうほどです。
食事中にもクックとやってしまうために口の中の物が出てしまうほどです。

クックという音?声?は、とても大きくて、今は夏休み中なので良いですが、学校が始まってから、授業中にうるさがられないか、心配です。

思い返せば、チックしき症状は幼稚園の頃からありました。その頃の私は『変な癖』という認識でしかありませんでしたが、その変な癖は、現れては消えて、また違った形で現れ……を繰り返していたように思います。


娘には心因的ストレスをかなり与えてしまっています。
と、いいますのは、私は『うつ病』で10年近く通院しています。夫が転勤族のため、日本全国を転々としております。そのたびに病院やお薬が変わり、なかなか善くなりません。

私のうつ病の原因は『夫』です。夫婦仲は良くない、そんな環境で娘は育ちました。
半年くらい前ですが、私は娘の前で薬を大量服用してしまい、リストカットをしてしまいました。
愚かな母親です。

こんな状況で、かなり心因的要因を抱えていると思います。


長い文章になってしまい申し訳ありません。
娘の咳払いとクックをきくたびに涙が出るほどツライです。何とかしてあげたいです。

先生…

チックは治りますか?
どうしてあげたら良いですか?

お忙しいとは思いますが、またたくさんの相談者様をかかえて大変でしょうが、よろしければ教えてくださいませ。

A.

チックは成長や環境の改善につれ、自然と改善するケースもあるわ。


もちろん、残る場合もあるけれど、絶対に改善しないわけではありません。


すぐに改善するわけじゃないので、

かかりつけの精神科医や小児科でご相談されながら通院を続けるのが一番いいと思うわ。


小児の精神科がお近くにあれば、そこで診ていただくのが一番いいでしょう。



あとは、まずアナタの精神状態に目を向けた方がいいと思うわ。


アナタが安定することで、娘さんの環境も良くなるはず。


それは娘さんの症状にもいいことだと思うの。


「チックがあるから、辛い」

という気持ちはよくわかるわ。


だけど、だからこそ一旦そこから気持ちを外して、「娘さんと楽しいときを過ごす」ということに集中してみたらどうかしら?


自分の調子のいいときに、一緒に散歩するとか、料理を一緒につくるとか、何でもいいわ。


それが結果的に近道だと思うの。


参考になったかしら?


☆アテクシの新刊はコチラ↓↓

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA









関連記事
[ 2015/01/16 18:09 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(1)

御礼。

この件について、ご相談させていただきました “J” です。
この度は、お忙しい中をご回答いただきまして、ありがとうございました。

今現在の娘のチックの症状は、月1回の小児精神科への通院,投薬によって、以前に比べますと少し改善されたかな?!と思います。

Tomy 先生のお言葉に涙が溢れてしまいました。救われた思いです。ありがとうございます。

私自身の体調を気づかいながら、娘とのコミュニケーションをはかり、穏やかに過ごすよう努めたいと思います。

Tomy 先生もどうぞご自愛ください。
ありがとうございました。





[ 2015/01/17 23:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2608-9c5b000e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。