スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その824「なかなか病気がよくならない」

Q. Kさんからのメッセージ


こんにちは。
いつもブログ楽しみに読ませて頂いています。
私は40代の女性です。
20才前後から不眠症・不安神経症・強迫神経症・うつなど段々に困った症状が増えていってます。
ずっと病院には通っていてお薬も飲んでいます。
いろんなお薬を飲みましたが、副作用やお薬を飲んでも症状が改善しないので、今は眠れない夜にメイラックスを飲んでいるだけです。
最低限の家事など日常生活は何とかできていますが、何事もなかなか決められず、疲労困憊の日々です。

例えば、いも一袋買うのにどっちのほうが良いいもが入ってるか見比べ過ぎて分からなくなって倒れそうになってしまいます。
美容院の予約なども、雨が降らないかとか、
時間帯とか体調とかいろんなことを考え過ぎてこんがらがって予約変更を繰り返してしまったり、自己嫌悪の日々です。

優先順位を決めて考えるようにもしてるのですが…。
気にし過ぎは分かっているのですが、止められません。
誰からも拒絶されてる気がして、友人・家族との関係も、私は何か傷つけることを言ったりしたりしてしまったのかと、
いつも気になります。実際誘っても全然会ってもらえません。本当に忙しいだけなのかも知れませんが…。

時々ストレスが溜まり過ぎてなのか、急に喉にゴルフボールでも詰まったような感じに襲われて、
息も吸えず声も出せず死にそうなくらい苦しくなります。しばらくしたら治まるのですが…。
今は、環境は恵まれていて本当に幸せなはずなのに、どうしてこんなことになってしまうのでしょう?これからどうすれば良いのでしょう?
主治医の先生は処方箋を書いて下さるだけで話はできません。
何かアドバイスを頂ければ幸いです。


A.

長年お辛い思いをされているのね。

今のお薬は、症状に比べるとわりと軽めかなあ、という印象を受けます。


もちろん、お薬にあまり頼らずに、という考え方もあるので、一概に良い悪いはないのですが、


もうちょっと日々の暮らしが楽になるようなやり方があるかもしれないわね。


同じ薬であっても、ちゃんと納得してしっかり飲んだかどうかで、効果の出方は変わります。


過去に飲んで効果がなかったと思える薬でも、効果が出る前にやめてしまっている可能性もあるわ。


あとはカウンセリングを受けてみるというのも一つの方法です。

ただカウンセリングは、できる施設とできない施設があるし、

アナタの状態によってはやるべきではないこともあるので、主治医に一度聞いてみるといいでしょう。


長期の通院で、あまり変化が無いようであれば、一度他の医療機関を受診してみるのも一つの方法だと思うわ。


精神科医療というのは、概ねの方針や方法は変わらないのだけど、


医師の言葉のかけ方や、処方の癖など、ちょっとした違いで経過が変わることもあるわ。


ただ紹介状がないと診ていただけない場合もあるので、


他の医療機関を受診する場合は今の主治医に紹介状をもらったほうがいいでしょう。


参考になったかしら?





☆アテクシの新刊はコチラ↓↓

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA

アマゾンではコチラから↓
http://p.tl/RfRC

関連記事
[ 2014/09/19 10:19 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2572-a60547ec


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。