スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その823「自分はバイセクシュアル?」

Q. Fさんからのメッセージ


こんにちは、Fといいます。男性です。
相談したいことは自分のセクシュアリティーについてです。

自分もバイセクシャルではないかと思っています。男性の体には興味ありませんが、男性の友達と仲良くなりたい気持ちが強すぎる気がします。
精神的成長が途中のようで心の友を求めているのかと思うこともあります。
こんがらかってよくわかりません。もしも何かヒントがもらえれば嬉しいです。


A.


セクシュアリティーはなかなか複雑で、「こういうものだ」と定義するのは難しいと思うのよね。


同じゲイやバイでも、人によってその内容はまちまちだし、成長とともに変わっていく可能性もあります。



たとえばアテクシの場合、小学生の高学年ぐらいのときに、特定の女の子が好きになったことがあります。


でも、それがいわゆる恋愛の好きなのかどうかはわからない。


二人きりで遊びたいとは思ったけど、触れ合いたいとは思わなかったのね。



だからといって、「親友」なのかというと、それともちょっと違う気がするのよ。


彼女が「初恋」の相手なのかどうかは、未だにアテクシもわからない。


その後思春期を迎え、性的な意味合いで「好き」になったのはやはり男性でした。


でも、100%かどうかというと、時々女性が「好き」と思うこともあった気がします。


大学生ぐらいには、「100%男性が好き」といつの間にか言い切れるようになっていたの。


これはアテクシのケースで、ジョセフィーヌなどはまた違った状況になってきます。


おそらくセクシュアリティーというのはもともとの素質と、


後の環境が決める要素があるのでしょうね。



最初から、ゲイ、バイ、ノンケなどと決まった枠があって、そのどれかに所属するというわけじゃないのよ。



ただ、「自分はこうだ」「こうに違いない」「こうあるはずだ」などと強制的に思い込むと、


逆に苦しくなっちゃうと思うの。


自分のそのままの気持ちを素直に捉えることが大切なんだと思うわ。


そのうち、自分のセクシュアリティーなど気にならないほど、「この人だ!」と思う人が出てくるかもしれないわよ。


参考になったかしら?

☆アテクシの新刊はコチラ↓↓

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA

アマゾンではコチラから↓
http://p.tl/RfRC



関連記事
[ 2014/09/15 11:16 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2568-39484769


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。