スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その813「病名が知りたい」

Q. Tさんからのメッセージ


Tomyさま

はじめまして。先日図書館でTomyさまの本を拝読して優しく分かりやすい語り口にファンになりました。

私は以前より社会不安障害で悩んでいます。
ですが、社会不安障害なのか、ADHDなのか発達障害なのか、
精神の本を読むたびに、実際の病名が何なのかが分からなくなってしまいました。

心療内科には2カ所ほど通った事がありますが現在は通っていません。
通わなくなった理由は、効果があまり現れなかった事、薬の副作用で寝汗が出たりと続けられなかった事です。

お医者様もはっきりした病名はおっしゃいませんので私自身もよく自分について分かりません。

病名を知り、的確な方向へ向かいたいと思う場合どうすればよいでしょうか?

お忙しいところ、末永くお便りを待っています。



A.

本読んでいただいて、ありがとうございます!

さて、精神科の場合、はっきりした病名が必ずつくとは限らないわ。


もちろん、病名がはっきりする場合もあるのだけど、たとえば、

「うつ病が可能性が高いけど、躁うつ病の可能性も視野に入れる必要がある。


背景に『考え方のゆがみ』もありそう。」


といった具合に、様々な可能性がある場合も多いの。


また、精神科の治療は、症状に対して行われることが多いので、病名がはっきりしなくても治療は進めていくことができるのよ。


たとえば、「不眠がある→睡眠薬を使う」「不安が強い→抗不安薬を使う」といった感じね。


さらに治療をしていく中で、病名がだんだんはっきりすることもあるわ。


つまり、精神科の病名というのは、患者様の全体像を捕らえ、治療指針を明確にするためにあるわけで、


「病気を発見する」という身体科の病名とはちょっと意味合いが異なるの。


だから、患者様に病名をはっきり伝えない場合もよくあることなのね。


でも、今どういう病気の可能性を考えているのか、そういう考えは聞けると思うので、

遠慮なくどんどん聞いていただければいいと思うわ。


参考になったかしら?


☆アテクシの新刊、12月27日発売となりました!!

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA

アマゾンではコチラから↓
http://p.tl/RfRC






関連記事
[ 2014/07/24 12:26 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2516-7bc59ef5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。