スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その810「患者様からの告白」

Q. Sさんからのメッセージ


こんばんは。
を拝見させていただきました。
私の名前は「S」と申します。
某精神科病院で、リハビリの医療スタッフをしております。

現在、私はとある患者様を受け持っています。
月日が経つにつれ、お互いの気持ちの距離も近づき、
つい先日お手紙をいただきました。
そこには退院に向けての感謝の言葉と、私を「好き」でいてくれているという言葉、
最後には連絡先も・・・。
正直、私は嬉しい気持ちになりました。

もちろん、変な意味ではなく。
職員と患者さんという、決して認められない立場でありながら真っ直ぐな気持ちを伝えてくれた御本人に対して・・・。


正直、私の気持ちとしては「好き」でいるのかもしれません。
御本人のリハビリに行くことが楽しみになっている私がいますし、
その日の状態とか気になっている私がいます。
本当は医療従事者として、有り得ない気持ちを抱いてしまっているのではないかと感じています。
また、万が一関係を築けたとしても、御本人を取り巻く環境(御家族、過去の関係を築いた人等)が私を受け入れてくれるかとか色々考えてし まいます。

私が若かった為に距離感を間違えてしまったのでしょうか?
今後、どうあっていくべきなのか?
是非、相談に乗っていただければと思います。


A.


まず、「真面目に交際をしていきたいのか」あるいはそうではないのか、あなた自身が良く考えてハッキリしたほうがいいと思うわ。


医療スタッフは、患者様の込み入った状況を知っているし、


患者様にしてみれば、他人にいえないような話でもしやすい立場だわ。


だから、どうしても心の距離が近くなってくるのよね。


今後も似たようなことが起きる可能性は充分あるわ。


一旦連絡先を交換してしまうと、なかなか後には引けないので、


あわてる必要は無いから、一旦保留にしてよく考えるといいわ。


仕事は仕事として、しっかり患者様の対応をしていきましょう。



☆アテクシの新刊、12月27日発売となりました!!

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA

アマゾンではコチラから↓
http://p.tl/RfRC




参考になったかしら?
関連記事
[ 2014/07/10 14:57 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2502-7a233368


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。