スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その806「太りやすい薬」

Q.Sさんからのメッセージ


はじめまして。トミー先生のお力を是非おかしください。

娘は躁鬱病と診断されてから6年たちます。

トミー先生の本を娘から借り、藁にもすがるおもいで一気によみました。


良いときと悪い時が激しく、薬による副作用で30キログラムも太り、それも

心の負担になりぜんぜんなおりません。

本当にどうしたら良いやら日々悩んでいます。

いくつかの薬をすすめられていますが、太るのでのめません。

若い女性が太るのはみていてかわいそうです。

なにか良い方法は ありませんか?



A.

精神科の治療をしていて、「太る」ということはよくあることなの。


理由はだいたい次の2つです。


①精神的に安定して、食欲がわいて太る

②薬の副作用で太る



①については、治療の成果なのでまあいいとして、問題は②


一部の薬には、太る副作用で有名なものがあるわ。


運動や食事制限をして解決できることもあるけれど、人によっては「食べた量は変わっていないのに10kg太った」なんてこともあるようなの。




なぜこんなことが起きるかというと、体の栄養代謝に作用して「より太りやすい体」になるからだと考えられています。


太りにくい薬もあるけれど、太りやすい薬にも、その薬だけが持つ効果もあるので、


やはり必要な方には使わざるを得ないこともあるわ。




娘さんは、症状がわりと不安定なときもあるなので、それなりに主治医も理由があってその薬を勧めているのだと思います。



症状が落ち着いたらダイエットすることもできるので、薬の選択について主治医ともう一度よくご相談したほうがいいと思うわ。


参考になったかしら?




☆アテクシの新刊、12月27日発売となりました!!

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA

アマゾンではコチラから↓
http://p.tl/RfRC



メールマガジン「オネエドクターのココロの処方箋」もよろしく!!

http://www.mag2.com/m/0001354055.html







関連記事
[ 2014/06/17 10:04 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2479-7a980b67


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。