スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩み相談 その804「夫はうつ病? 甘え?」

Q. Kさんからのメッセージ


Tomy先生、はじめまして。

メンタルクリニックにかかっている夫のことです。

簡単に経緯を説明させていただきます。


夫の仕事は激務でした。
私と交際した時点ではまる1日お休みという日はなく
毎日の勤務時間もバラバラ。
夜は遅く、帰宅が深夜2時近くになることもありました。

結婚する少し前から、仕事に行く前に息苦しくなるというようなことが起こり
何度か病院に行くよう薦めてもなかなか行ってもらえず。
それでもようやく2年ほど前に隣駅のメンタルクリニックへ行ってもらいました。

診断は軽度のパニック障害ということでした。

何度か担当医の方と私も直接、お話しさせていただいたことがありますが
そこでは薬を処方されるだけで、具体的なアドバイスなどももらえないまま
症状も改善されないまま9ヶ月ほど通いました。


昨年の夏に夫の症状は悪化。
病院を変えてみようかとの話になり
まずはセカンドオピニオンを、ということで都内の別のクリニックへ行ったのが昨年です。

とてもわかりやすく説明してくださる先生で、そこに現在も通院中です。


4ヶ月ほどの休職期間を経て、今年の初めに仕事復帰しました。
それでもやはりこの夏、また調子を崩し出し
仕事欠勤が続きます。
他のスタッフからの不満もあったり
最終的には直属の上司ともうまくいかなくなり結局辞めてしまいました。


最近、復職支援のリワークプログラムへの参加をすすめられ始めたのですが
それから負担、疲労が激しいのか・・・不調続きです。
家で休んでいても夜には「今日も何もできなかった・・・」と落ち込んでいます。

とにかくできる限り本人の過ごしたいように過ごさせても良くならず
ほんの些細な言葉で傷ついては落ち込み、ふさぎ込んでしまいます。

何もできないならできないでいい
ゆっくり家で休んでいればいいよ、と言っても上記の通り。

どうしたいのか、どうしてほしいのか聞いてもわからない、と。

正直、私は妻としてもうどうしてあげるのが良いのかわかりません。

もともと時間やお金にルーズなところがあるので
甘やかしすぎると夫の物欲等で生活が苦しくなってしまいます。
できる限り言葉を選び、言い方を柔らかくしても正論で追い詰められていると感じてしまうようでもう何も言えなくなってしまいました。


それでも気が向けばTVゲームはできるし
食欲も全然食べれてないわけではないです。
ムラがあるみたいですがどちらかといえば間食も多く、過食気味だと思います。
あまり睡眠の質は良くないようですが、眠剤も処方されていますし
私から見れば時間としては平均6時間くらい(+お昼寝)眠れています。


私の目には病気ではなく、甘えでは?と思えてしまうことも増えて困惑しています。
また、夫がかかっている病院にどこまで介入して良いのかもわからないので
現状では先生やカウンセラーさんの方針がまったくわからずです。


とてもお忙しいとは思いますが、どうかアドバイスをお願いできませんでしょうか?



A.


おそらく最初はうつ病を発症したんだと思うんだけど、


復職で少しこじれてしまって、いろいろ上手くいかなくなり、


本人もどこから手をつけていいのかわからない状態なんだと思うわ。


がんばりたい気持ちはあると思うんだけど、

折れてしまって、現状から逃避的になっているんだと思うの。


今はうつ病だけでなく、本人の環境や性格的な部分、いろいろな要素が絡んでる状態なんだと思うわ。



こういう場合、本人の好きなようにするのではなく、ある程度の枠組みもあったほうがいいと思うの。


だから、時間やお金に対して、守って欲しいことはちゃんと伝えてもいいと思うわ。


あと、ある程度規則正しい生活はしたほうがいいでしょう。ゲームも無制限にするのではなく、ある程度決めて行ったほうがいいと思うわ。


また、治療に関して病院に介入してはいけないということはないのよ。

今どういう状況か、どうしたらいいのか、主治医の先生とよくご相談されたほうがいいと思うわ。


それはむしろ治療上は+になるの。本人の診察に付き添って、時々は一緒に先生のお話を聞いてみてはいかがでしょう。


もちろん、そのときにいろいろ聞いてみても大丈夫よ。


時間はかかるかもしれないけれど、話し合えばなんらかの方法が見えてくると思うの。


参考になったかしら?


☆アテクシの新刊、12月27日発売となりました!!

メディアファクトリー新書 092
『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』

●商品紹介
男女の心理を知り尽くしたオネエ&精神科医の視点から
「考え方のコツ」を伝授する
ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

「俺が休むわけにいかない」とがんばり続ける実直なオトコ。
「男が弱みを見せてはいけない」と弱音を押し殺し耐えるオトコ。
あなたたちはカッコイイ。だけど「折れ」ちゃ意味がないわ!
弱さを隠し、毅然と戦い続ける人ほど、ボキっと折れるリスクが高い。
真面目で無理をしがちな男性が陥りがちな「男らしさ」の呪縛を、
ネット相談で人気沸騰中のオネエ精神科医がやさしく解きほぐす。
たまにはナヨっとしなる力で、生きるのはもっとラクになる!

●概要
新書/並製/192ページ
定価:840円(税別)
ISBN:978-4-04-066196-4
発行・発売元:KADOKAWA

アマゾンではコチラから↓
http://p.tl/RfRC



メールマガジン「オネエドクターのココロの処方箋」もよろしく!!

http://www.mag2.com/m/0001354055.html


関連記事
[ 2014/06/06 11:21 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazeyokoi.blog.fc2.com/tb.php/2469-0a5f040f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。