スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お悩みNo.2 「欲張りな恋」

はい、次、次っ


「メッセージで相談ください」っての見落として、うっかりコメント欄で相談しちゃったKさんのお悩みです。


Q. Kさんからのメッセージ


オイラとたっきーの恋は実るかなぁ(*´∀`*)


あとえいきちとの恋も実るかなぁ☆w



A.


こういう相談にはこう言うしかないわよね。


さあ、皆さんで一斉にご唱和ください。



「二兎追うものは一兎も得ず」


参考になったかしら。


 てか、アナタ長い付き合いの彼氏いるわよね、それとは別に。






スポンサーサイト
[ 2010/07/31 16:59 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(10)

お悩みNo.1 「旦那の脳みそ」

 早速お悩み来たわ。てかこれ、悩みなのかしら。まあいいわ。


Q. Sさんからのメッセージ



あのぉー、うちの旦那の大脳が半分腐ってると思ってたら、
あるオカマDr. から 『それは腐ってるんじゃなくて醗酵してるんです!』 と、診断されました。
最近、醗酵が進み、大脳全部が醗酵しちゃったみたいなので、そろそろ脳ミソを取り替えようかと思います。
バージョンアップした脳ミソがいいんですけど、ググってもヒットしません。

どこで、うちの旦那のバージョンアップした脳ミソ売ってますか???


                                     (一部改変)



A.


 アテクシは精神科医なのでわかりません。脳外科医にお聞きください。


 ちなみにアテクシにできるのは

「よりまろやかに、コクが出るように発酵させること」ぐらいなものよ。




 参考になったかしら。



[ 2010/07/31 16:48 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(4)

お悩み相談募集中!!

 さーて、さすがにアテクシもブログネタのストックが減ってきましたので、


 ここらで大企画


☆お悩み相談募集中!!


 恋のこと、病気のこと、アテクシのこと、なんでも相談、質問があったらメッセージにて送ってください。


 採用された場合、このブログ上で、匿名で公表し、


アテクシが言いたい放題


お答えします。




 採用基準はアテクシの気分次第。


 参考になるかどうかはアナタの気分次第。



 では皆さんバシバシ送ってくださいな。






[ 2010/07/31 10:17 ] お悩み相談室 | TB(0) | CM(10)

救急外来での信じられない出来事 その2

〈救急外来での信じられない出来事 その1からの続きです〉



 アテクシはおそるおそる聞いた。


 「いったいどうしたんです?」


 彼女は答えた。



「『今ラブホテルだけどコンドーム使わずにやっちゃったからピルをくれ』ですって!!」


「そりゃ無理だねえ」


「当然です!!いったいここ何だと思っているのかしら」


 真面目な彼女は心底怒っていた。



 やがて救急外来に片言をしゃべる外国人と思われる女性がやってきた。



「あたし、ここピルくれる。ダーリンさっき電話した。ください。」



断ったじゃん!!


アテクシに回されたので、丁寧にお断りした。



女性はトボトボ帰っていった。



 またしばらくして電話がかかってきた。今度はアテクシが取った。


すると野太い男の声で



「今俺の女ピルとりにいかせるっていったじゃろうがー!!なめとんのか」


と怒鳴られた。もう一度お断りすると、



「ふざけんなあ、今度わしがとりにいくわあああ」


 電話が切れた。。。



 この後、その男がきたらどうしようとドキドキしながら仕事を続けた。



 結局男は来なかった。





[ 2010/07/30 20:46 ] ブログ | TB(0) | CM(14)

救急外来での信じられない出来事 その1

 そうそう、救急外来のこと書いていたら一つ思い出した。


 こんなとんでもない事件が起きました。↓↓↓


 ある日の当直のときのこと、救急外来に一本の電話がかかってきた。


「はい、○○病院救急外来です」


 笑顔で電話を取る看護師さん。


やがて、彼女の顔つきがにわかに厳しくなった。


「はあ?、そんなことはできません!!」



ガッチャーーーーーーーーン


いつもほがらかな彼女が、こんなに激しく電話を切るのははじめてだ。



いったい何が・・・???


〈つづく〉


 

[ 2010/07/30 16:51 ] 医療 | TB(0) | CM(4)

救急外来の実態

 今日はひさびさ医療ネタでいきます。


 まあ、どの病院にも救急外来というものはあります。皆さんも受診されたことはあるのじゃないでしょうか?そして救急外来というのは大変忙しいところです。


 どの病院も、アテクシたちドクターが診察室に行くと、何十枚もカルテがどっさり置かれ、どんなに患者さんを診ていっても次から次へとカルテが積み重ねられていきます。


 

 そして多くの患者さんを見ている間に、救急車やら何やらで重症患者が運ばれてきます。どうしても重症者が優先なので、そっちを先に診ることになります。その間にもどんどんカルテが積み重なって行きます。


 

 それが大体朝まで途切れることなく続きます。当然時間になってもカルテの山は残っているので、次の日勤のドクターにそのままどっさり渡されます。








 まあ、こういうところです。


 ところで最近、救急外来の現場が殺伐としてきております。忙しいせいではありません。対応に困る患者さんの激増です。



 毎晩どの医者も一回は待ちくたびれた患者さんに胸ぐらを捕まれたり、威圧されたりします。


 待合室の植木鉢を片っ端から蹴飛ばしたりもされます。


そして、そういう方に限って

「風邪引いたから来た。今すぐ診てほしいから救急外来に来た。なのにこんなに待たせるのは何事だ」とおっしゃいます。



 さっき行った様な理由でどうしても軽症の方は後回しにされるから致し方ないのです。



 さて、アテクシが以前いた大学病院では事務員が夜にいなくなってしまうので、救急外来に来た方の医療費は、後日振り込んでもらうか、払いに来ていただくことになっていました。


 あるときの会議で出た話ですが、実は7割の患者さんが未払い。大赤字です。


 もちろんどこの病院もこういうわけではありませんが、こんな実態もあることを少しでもわかっていただけたらな、と思います。






[ 2010/07/30 10:13 ] 医療 | TB(0) | CM(12)

皆さん!!ありがとう!!

 今日はじめてトータルデイリーランキングが3000位内に入りました。毒舌ブログでは第7位、LGBTブログでは第8位、いずれも自己最高順位です。



 このブログを始めたのが今年五月の終わり。二ヶ月あまりでここまで来れたのは皆様のおかげです。本当に心から感謝しております。



 さて、少しここで宣伝をさせてください。

アテクシの電子書籍第二弾「ゲイドクターの精神医学講座」の素敵な表紙絵が完成いたしました。志方弥公さん、本当にいつもいつもありがとうございます。



ゲイの精神科医Tomyのブログ

どう?なかなかいい感じでしょ?


出版レーベルの社長様からもツイッターでお褒めの言葉をいただいております。恐縮です。




最近読んだあらゆるジャンルの本の中で一番面白い本でした。ジョセフィーヌさんとの掛け合いも最高です。現役の精神科医だからこそ書ける内容で、読後感は精神科のいい診察を受けたというような(実際受けたことはないですが)カタルシスを抱きました。発売が楽しみ!


[ 2010/07/29 10:10 ] Tomy作家デビュー!! | TB(0) | CM(12)

恐怖!!台湾のテーマパーク番外編

 そうそう、台湾のテーマパークでもう一つ恐怖があったから追加しとくわ。


 恐怖第三章



墜落するライド



 アテクシたち、次に飛行塔に乗ったの。


 タワーがあって、そこから四方八方にバーがでていて、その先にライドがついている奴。


 んで、スタートするとタワーが回転してバーも上下に動くの。


 

 アテクシたち一行はこれに乗ることにしました。



明らかに安全そうだったし。


 ところで、アテクシたち一行の中に一人100kgぐらいのおばさん(母の妹)がいたの。


 そのおばさん絶叫マシーン嫌いだったけど「これなら乗れる」って今回は一緒に乗りました。



いつものように係員を呼びつけて、スタート。



徐々にタワーが回転し、上下に動くライド。


やがてある異変に気がついた。


 おばさんのライドだけずっと一番低いところで這いずり回るように低空飛行。全く上下せず。



どうやらこのライド、重い人は持ち上げられないみたいです。


 このとき撮ったビデオ見ると、一人おばさんだけブスーとしていてウケます。


[ 2010/07/25 22:49 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

ただいま♪

今帰ってきました~。


いろんな職場で活躍中のLGBTの方にいっぱい会えておもしろかったです。



ちゃっかりこのブログも宣伝してきました☆



僕とジョセフィーヌの地元から(ホントにすぐ近く)来ている子もいて連絡先交換しました。



こういう田舎で近場の友達できると嬉しいわ~

[ 2010/07/25 22:43 ] Gay | TB(0) | CM(4)

若き日のハズカシイ二人 その2

〈若き日のハズカシイ二人 その1からの続きです〉


 ひまわり畑に着いたアテクシたち。


 観光名所なので家族連れやらカップルやらでにぎやかである。



~~~ココから先は小説風に行きます~~~




「やっとついたね」


ジョセフィーヌは嬉しそうに頬を赤らめた。


「じゃあ、畑のほうに行こう。


あ、ここからは目をつぶって」


Tomyはそういうと、ジョセフィーヌの両手をつかんだ。


「大丈夫、僕の手につかまってゆっくり歩けばいいよ。決して目を開けちゃだめだよ」


「う、うん」


 ジョセフィーヌは目を閉じたまま、Tomyの手をぎゅっとにぎって少しずつ前に進み始めた。



 実際にはごくわずかの距離だったのだろうが、途方もなく長く感じた。



 やがて手を引くTomyの足が止まった。



「さあ、目を開けてごらん」


 ジョセフィーヌはぱっと目を開けた。



「わあああ」


 いつのまにか黄金の、無限に広がるじゅうたんの真ん中に二人は立っていた。




「Tomy愛してる」


「愛してるよ」



これを地でやりましたああああ。



[ 2010/07/24 20:38 ] Gay | TB(0) | CM(9)

若き日のハズカシイ二人 その1

恋は盲目。


熱い二人はお互いしか見えない。



 今は漫才コンビのようなアテクシとジョセフィーヌも付き合いたてのころはかなり熱かった。



 今思えば色々恥ずかしいこともやったなあ。



 たとえば、ペアルック。



 アテクシとジョセフィーヌはレインボー(LGBTの象徴)をあしらったTシャツとGパンを見つけて、一緒に出かけるときはいつもそれを使っていた。



 大男が同じTシャツとGパン(しかも派手)着ていちゃいちゃお出かけ。



 すんません、それ一年ぐらいやってました。



 さて、こんな周りの見えていない二人、もっと恥ずかしいエピソードがあるのでございます。



 あれは今日のように暑い夏の日、


 広大な敷地のひまわり畑に二人で出かけることにしたのであった。



〈つづく〉

[ 2010/07/24 16:10 ] Gay | TB(0) | CM(6)

おバカな二人

 ジョセフィーヌは背伸びをしながら「うに~~~」というのが癖である。


 とてもかわいい。



ある日いつものように背伸び。




「うに~~~~~~~~~~」




つられてアテクシも背伸び。




「うに~~~~~~~~~~」



「アテクシのほうがかわいい」



「うに~~~~~~~~~~」



「僕も負けないぞ」


「うに~~~~~~~~~~」



「うに~~~~~~~~~~」



いつのまにか「いかにかわいく背伸びをするか」競い合う二人。



「うに~~~~~~~~~~」

「うに~~~~~~~~~~」

「うに~~~~~~~~~~」

「うに~~~~~~~~~~」

「うに~~~~~~~~~~」





急にうにが食べたくなってきた。


しょうもないネタでごめんなちゃい。











[ 2010/07/24 10:35 ] 小ネタ | TB(0) | CM(4)

暑い、暑いなんてもんじゃない

今日えらい暑いわねと思って最高気温調べたら





38度。



どおりで暑いわけだ。


今からジョセフィーヌと某特別ゲストと飲み会に行ってきます。



暑気払い、暑気払い。

[ 2010/07/22 17:49 ] 小ネタ | TB(0) | CM(16)

ブログネタ初挑戦!!

何でも溜める? すぐ捨てる? あなたはどっち? ブログネタ:何でも溜める? すぐ捨てる? あなたはどっち? 参加中
本文はここから
たまにはブログネタでもやりますかね。


アテクシはすぐ溜めます。うちの母親もすぐ溜めます。


未だにアテクシが幼児に使っていた壊れたブランコと滑り台が置いてあります。


この間母はいいました。


「子供の頃使っていたおむつがでてきたんだけど、捨てなきゃだめかしら」


「捨ててください」


「でも、開封してあるけど、使ってないのよ」


「いくら未使用でも30年以上も前のおむつは捨ててください」


ちなみにジョセフィーヌは必要なものでもポンポン捨てて、後で買いなおすという性格です。




All About 「収納」紙袋を溜めたがるあなたへ
All About 「シンプルライフ」捨て上手になる方法
[ 2010/07/21 18:25 ] ブログ | TB(0) | CM(12)

きーーーーーーーーーーーーーっ!!!

ちょっと聞いてよっ!!



アテクシうちの病院の新しい機器の導入に口挟める立場なんだけど、



最近コレステロールとかの値が5分でわかる安い検査機がでたのね。



で、うち精神病院だけど、高血圧とか高脂血症とかぐらいの内科疾患も見ちゃうから、



アテクシが導入薦めたのよ。



んで、前回初めての患者さんに検査。




プリンターが故障して値が出てこない。



すぐ担当呼んで直してもらったのよ。



そして、今日二人目の検査。



Temperature out of range



って出てきて動かない!!



また担当電話で呼んで苦情いったら



「機械内部の温度が32度超えると使えない」



だって。



32度!!



あんたいまどき夜だって32度あるぐらいよ。一晩中クーラーつけとけっていうの?


高温になると精密機器が使えないってよくあるけど



フツウ40度とか50度とかでしょ。



買う前に説明しなさいよっ!!


アーーーーーーーーーーーいらいらするううううう

[ 2010/07/21 10:03 ] 医療 | TB(0) | CM(8)

ジョセフィーヌに悪い虫が・・・ その2

<ジョセフィーヌに悪い虫が・・・ その1からの続きです>


差し出されたのは




クリスピークリームドーナッツの詰め合わせ



当時、できたばかりで、買うにはなんと8時間も並ばなければならないのである。




「僕並んで買ってきたんです、どうぞ食べてください」



「僕???」 と思ったあなたは鋭い。



頬を赤らめて貴重なドーナツを差し出した彼は男性。



(ジョセフィーヌは別にカミングアウトしているわけではない。)



さすがに悪いからとジョセフィーヌは一旦は断った。


だが、彼が涙目になっているので、結局代金だけ払わせてもらうことにして受け取ったのである。



家においてあったので、プレゼントだと思ってアテクシが全部食べちゃったのはヒ・ミ・ツ




それからも何かの折に、手作りのケーキやら、高級菓子やらしょっちゅう持ってくるらしい。



どうやって追い払おうかしら。少し心配だわ。






[ 2010/07/19 20:52 ] Gay | TB(0) | CM(14)

ジョセフィーヌに悪い虫が・・・ その1

 実は少し前から、ジョセフィーヌに悪い虫が付きかけている。



 半年ぐらい前にジョセフィーヌの医局に、とある看護士がやってきた。



「先生、ちょっとお話が」


「はあい」



 その日はジョセフィーヌが当直なのである。


 

 夜も遅い時間で、当然ジョセフィーヌしか医局にいないわけだ。



 「あのう、これ。」

 

 

 その看護士さんは、おずおずと箱を取り出した。




 その箱はな、なんとぉ!!!



<つづく>






[ 2010/07/19 18:36 ] Gay | TB(0) | CM(6)

特製カレー その2

<特製カレー その1からの続きです>



「さあTomyちゃん、どうぞー。パパのお手製だよお。

とうとう食べさせられるねえ。」



(とうとう食べなきゃいけないのね。)



必死に内心を隠して笑顔のアテクシ。



さて、どーんと大盛りで出てきたカレーは



一見普通のカレー。



食べてみると、




ただのボンカレー。



しかしジョセフィーヌのぱぱりん、次にとんでもないことを言った。



「いやあTomyちゃん、今日はねえ、特別に豪華にしたんだよ。




100g5000円の肉をたっぷり入れちゃった。うまいだろう。」


えええええ、ちょ 5000円の肉って。


なんとボンカレーに超高級ステーキ用霜降り肉をぶっこんで何時間も似たのである。



肉は確かにおいしいが、これだけ煮込んだら、普通の肉でも充分うまいす。



でもその気持ちがけっこう嬉しかった。ジョセフィーヌのぱぱりん、ありがとう・・・・・・




カレーを食った後、ふと思い出した。



(そういえば、マンゴーがあったわね。)



実は数日前、大好物のマンゴーが手に入ったので、


こっそりジョセフィーヌの実家の冷蔵庫に冷やしておいたのだ。



「僕ね、実はマンゴーもってきて冷やしてあるんです。デザートにみんなで食べましょう。」




しかし、冷蔵庫を開けると何も無い!!




「ああ、それTomyちゃんのだったのか。ぱぱりん一人で全部食べちゃったよ。」



!!!!!!!!!!!



申し訳なさそうなジョセフィーヌとは裏腹に、何も悪びれないお父様。




「ははは、この家にあるものは全部パパのもの!!」



ちゃんちゃん♪





[ 2010/07/18 15:16 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

特製カレー その1

 アテクシは時々ジョセフィーヌの実家に行ってお茶をすることがある。家族公認だから、特に問題は無い。



 ジョセフィーヌの家族(父、母、姉、妹)は、みんな素朴で、良い人なんだが、ちょっと計画性のないところがあり、たまに変なことをやる。




 ジョセフィーヌの父(愛称ぱぱりん)は、常日頃アテクシの姿を見ると、



「いやあ、Tomyちゃん、今度パパの特製カレーを食わせてあげるよ。得意なんだ。」



といつも言うので、ジョセフィーヌにこっそり聞いてみた。



「ぱぱりんのカレーうまいの?」



「ふつう。 てか微妙。」


そんなお答えでしたので



「また今度機会があったらお願いしマース。」



といって逃げていた。




そんなある日、ジョセフィーヌの実家に寄ると



「いやあ、Tomyちゃんいいところに来たねえ。今ちょうどパパカレーを作ったところだよ。食べさせてあげよう。」




逃げられないわ。



アテクシは覚悟を決めた。


<つづく> 今回たいしたオチじゃないかも(汗)




[ 2010/07/18 09:31 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

酔っ払った・・・

今日女好きのY先輩と、ジョセフィーヌと三人で焼き肉屋に行ったの。酔いすぎで今日は「キャバクラレストラン」の続編書けません。ごめんなさい。

[ 2010/07/16 23:47 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

告白 本編

それでは発表いたします。



実はジョセフィーヌも精神科医なんです。



アテクシたち、世にも珍しい精神科医同士のゲイカップルなんです。


今まで、ジョセフィーヌが、特定されるんじゃないかということで、公表しないように言われてたから書かなかったの。





「でも、別に公言してるわけじゃないから特定されなくね?」



とアテクシが聞いたら



「それもそうね。」



とジョセフィーヌ。




てなわけで公開することにしました。




初めて出会ったとき、アテクシすでに精神科医、ジョセフィーヌは研修医でしたの。



ジョセフィーヌは研修医を終えて専門を決めるときに、アテクシを見習って精神科医局に入局しました。




こうしてゲイカップルサイコドクターの誕生であります



(あ、職場は違うわよ。)

[ 2010/07/15 10:20 ] Gay | TB(0) | CM(14)

告白 予告編

ジョセフィーヌの許可が下りたので、明日超ど級の告白をします。
[ 2010/07/14 22:29 ] Gay | TB(0) | CM(12)

執筆中・・・

前にも書いたんだけど、この秋アテクシの小説が電子出版されることになりまして、今仕事の合間に執筆中なの。


 んで、〆切は一ヶ月を切って、最低原稿用紙50枚。



そんなの無理よぉ~~



 といいながら書き書きしてたら



本日執筆6日目にして原稿用紙50枚突破!!


 

 やったーノルマ達成だわ!!


 と喜びたいところなんだけど、お話がまだ予定の半分しか達してなくて



 おまけに主人公二人が予定に無かった濡れ場に突入しちゃって



何枚書いたら完結するのかわからないわ


助けて~

[ 2010/07/13 17:18 ] Tomy作家デビュー!! | TB(0) | CM(10)

愚痴

どーでもいいけどさ、あの画像認証ってやつどうにかなんないの!!


1と7が区別付かないわよ。


あんた1と7拡大したり、縮小したり、


うにゅーーーーーーーーーーーーーーーんとゆがませたりして


正しくお書きくださいだなんて


何様のつもり!!



きーーーーーーっ!!


今日なんかいらいらする。



生理かしら。




それとも



更年期かしら。



(from いとうあさこ)


[ 2010/07/12 10:43 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

またみた変な夢

また変な夢を見たの。アテクシよく夢見るのよね。



今度の夢はアテクシが押し売りにものを売りつけられてる夢。


「これかってくださいよお~。」


「い、いらないわー。」


「そんなこといわずにかってくださいよお~。


このリップクリームを塗ると人工アヒル口になるんですよ~。凄いでしょ。」



「やーーーだーーーー、こんな気味の悪いもの!!」



押し売りと格闘を始めたところでジョセフィーヌに起こされた。



朝アメブロのマイページにログインすると、右下のニュースの項目に


「人工アヒル口は許せるか? 」


というニュースがあった。



ははあ、こいつが犯人か。



[ 2010/07/10 17:29 ] 小ネタ | TB(0) | CM(6)

かわいすぎるわああ。

photo:01



今ショッピングモールよ。あまりにもかわいいから衝動投稿よw



iPhoneからの投稿
[ 2010/07/10 13:55 ] ブログ | TB(0) | CM(4)

10万円拾った話 その2

〈10万円拾った話 その1からの続きです〉

三ヵ月後、アテクシはすっかり忘れていた。



そのことを思い出させてくれたのはうちの天然ママ。



「Tomy、そういえば三ヶ月前10万円拾ったわよね。どうなったの?」



(あらそういえば、忘れていたわ。連絡が来るっていっていたけど)



ほどなくして警察から郵便が届いた。


同封されていた手紙には


「落とし主が現われませんでした。Tomyさんのものになります。」


というようなことが。




まじで。



 落とした人には申し訳ないのだが、少しは嬉しい。早速意気揚々と警察に取りに行った。




ニコニコしながら家に帰ると天然ママが


「よかったわね、おじさんにお金手に入ったって電話しておいたわ。


おじさん喜んでいたわよ。




はぁ?



まさかまさかまさかまさかまさか・・・・・・・・



タイミング良くおじさんからTEL。


「やあ、Tomyくん、ありがとう!!


久しぶりに肉が食えるよぉ。



まさか、「アテクシが見つけたのだからアテクシのものよ。」なんていえるわけないでしょ。




全額おじさんに送金したわよ。




[ 2010/07/07 17:23 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

10万円拾った話 その1

アテクシ、実はちょっと前に10万円拾いました。



 その日は、アテクシのおじさんが遊びに来ていたんだけど、もう帰るというので新幹線の駅まで送っていってあげたわけ。


 


 新幹線の駅で、切符売り場の筆記机の上に、封筒が置いてあるのを見つけたの。




 「あれ、何かしら。」



 封筒には某信用金庫のマークが入っていた。



 ま、まさかっ・・・・





中をのぞくと10万円の新札



「○○おじさん、これ、お金入ってる・・!!」



「本当だ、届けなきゃ・・。」




おそらく慌てて切符を買って、新幹線に飛び乗ろうとして忘れたのね。




とりあえず、駅員に届けた。




ところがこの駅員要領が悪く、すっごくトロい。



あーだこーだやっているうちにおじさんの帰りの新幹線の出発時間が迫ってきた。



「おじさん、あとの手続きは僕がやっておくから、先乗ってください。」




おじさんが出発して10分ぐらいたって、やっと届出の手続き終了。




「3ヵ月後、誰も取りに来なかったらあなたのものになります。」



さあ、どうなるどうなる?



〈つづく〉




[ 2010/07/07 10:09 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

今日のアテクシとジョセフィーヌ

今日のアテクシとジョセフィーヌ。


二人でパスタを食べに行った。


ジョセフィーヌは、しまむらで300円で買った擦り切れたシャツにジャージ。


アテクシはうっかりTシャツを裏返しにして、しかもチャック全開。


帰ってきてからジョセフィーヌに指摘されたわ、モット早くいいなさいよ。)



たぶんそのせいで、アテクシたちだけ誰からも見えない席に隔離されたのね。


ではおやすみなさい。


[ 2010/07/06 22:49 ] 小ネタ | TB(0) | CM(6)

覚せい剤中毒

ひさびさに医療ネタ。


 精神科医をやっていて、一年に数回は遭遇するのが覚せい剤を乱用して錯乱状態になった患者さんの治療。たいていは暴れたりするので、警察同伴で精神科病院にやってきます。まあ、どうしようもないのでまず緊急入院になります。



治療はまあ、入院中はクスリやれないし、抗精神病薬をうまく使えば錯乱状態も治るのでいいんですが、問題は覚せい剤中毒と判明したときの対処法。



 入院時は警察は暴れているのを誰かに通報されたから連れてきているけれども、それが覚せい剤によるものかどうかまでは判断できないんです。


 

 そこで覚せい剤の使用が確定したときにどうするかが問題となってくるわけですね。覚せい剤の使用は違法ですから、警察に通報するべきと考えるのが普通でしょう。


 でも医師には守秘義務というものがあります。医師は患者から得られた情報を他人に知らせてはいけないのです。これは法律にきちんと書いてあります。



 法律上は実は大麻、麻薬、アヘン中毒については都道府県知事に通報する義務があると書かれています。しかし、大麻、麻薬、アヘン中毒だった場合、医師の守秘義務とどちらが優先するかは明記されていないのです。また、覚せい剤については法律上、通報の義務はありません。


 そうすると、覚せい剤中毒だった場合には通報する必要はないが、大麻、麻薬、アヘン中毒だった場合には通報しなければならないかどうかはわからない。


 法律をそのまま解釈するとこのように妙なことになってしまいます。



 じゃあ、どうするのか?



 実際にはまず、精神科病院が、患者について通報することはまずありません。どんな薬物であっても、です。だって警察に逮捕されたら、現に中毒になっている人を治療できなくなってしまいます。つまり現実には医師の守秘義務を優先します。



 ところが、覚せい剤中毒について病院側が通報し、それを「守秘義務違反だ」と患者が病院を訴えたケースがありました。このケースでは実は医師側が勝っています。


 医師はたいてい守秘義務に従うが、判例上は医師が通報しても守秘義務違反とされないということですね。



 以上、ちょっとしたマメ知識でした。たまには医療ネタでも書いておかないと、精神科医の名が廃る。









[ 2010/07/05 10:36 ] 医療 | TB(0) | CM(10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。