スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頭を空っぽにする方法

不安を解消するときに、


「頭を空っぽにしよう」


なんてよくアテクシもアドバイスするわけですが、


じゃあ具体的にどうするんだ、といわれてもなかなか伝えにくい。



一応深呼吸とか、


腹式呼吸とか、


自律訓練法とか、


まあいろいろメソッドはあるわけだけど、


相性とか、性格とかもあって一概にはこうしたらいいとはいえないわけよ。



ただ、一つだけいえることは、



五感を集中させる


ってことだと思います。


たとえば、


好きな香りの中に身を横たえる。


好きな音楽をゆっくり聞く。


好きな絵、景色を眺める。


好きなぬいぐるみをぎゅっと抱きしめる。


好きなドリンクをゆっくり味わう。




もちろん、一つだけでもいいし、複数組み合わせてもいい。



好きな感覚に身をゆだねるということ。



そうすると、ぐるぐる、もやもやと頭の中でうごめいているものがだんだん薄れてくるわ。



よくよく考えれば、世の中でリラックスさせるものというのは、


こういった五感を働かせるものばかりだわ。







スポンサーサイト
[ 2011/04/13 16:03 ] 東北地震関係 | TB(0) | CM(10)

気持ちの持ち方3原則

昨日からさらに頻発する地震、刻々と変化する原発事故、


先が見えない感じに、疲れてきた方も多いと思うわ。



アテクシも、今までこのような状況を想定して、精神的アドバイスをしたことはないけど、



少しでもお役に立てればということで自分の考えを書こうかと思います。



題して気持ちの持ち方三原則。



1. 期間限定で、現実逃避する。


たまには、3月11日以前の気持ちに戻って、好きなことをしよう。


マンガや映画に没頭でもよし。


散歩でもよし。


カフェでうとうとするのもよし。


好きな仕事をするでもよし。



ただし、そこに逃げ込んだままにしないこと。



自分への心の一時休息だとわかった上で、期間決めて現実逃避。


やっぱりこういうときは、正しい情報をキャッチすることってとっても大事だから。



2. 開き直る


自分が努力してもどうにもならないところで不安になっても、


仕方がない。



自分にやれるところで最善を尽くして、あとは任せるほかない。



でも、やれることはやってるといると思えば、不安はある程度軽快すると思うわ



3. 他人や、自分を攻撃しない


人って、いろんな反応見せるもんだから、


自分と違う反応や対応見るとイラっと来たり、


責めたりしがち。



また、逆に責められて、落ち込んだり。



これは、自分の身を守るための本能が攻撃性を生み出すのよね。



それがちょっとコントロールつかなくなって、必要ない対立を生み出したりするわけで。



まあ、いわば集団心理のアレルギー反応みたいなものよ。



こういう状態になっちゃうと、無駄なエネルギー使うし、



悲しい思いもしちゃうし。




イラッと来たら、その場で深呼吸。



すぐに吐き出さないようにしましょ。



マイナスの言葉を捨てて、プラスの言葉を使いましょ。
















[ 2011/04/12 11:37 ] 東北地震関係 | TB(0) | CM(10)

アテクシたちは疲れているっ!!!

いや、アテクシ割と能天気なほうですけど、



最近さすがに疲れてきたわっ。




3/11以降、知らず知らずのうちに脳がたくさんの情報を処理してるせいね。




普通に過ごしているつもりでも、ボディブローのようにじわじわ来るのよ。




きっと皆さんもちょっと疲れやすくなったり、



体調崩しやすかったり、



イライラしやすかったりしてませんか?




特に今、少し状況が一進一歩で落ち着いてきたから、



どっと疲れがでやすくなっていると思うの。




さて、そんなときはどうするか。




あらがわずに、明るく、さっさと認めちゃう。






「アテクシたちは疲れているわー!!!」って。



その上で、自分自身にご褒美を与えましょ。




なんでもいいのよ、自分の好きなこと。



自粛のしすぎはダメっ。




さあ、皆さんで息抜きの天才になりましょ。



暖かくなってきたことだし。
















[ 2011/04/07 10:48 ] 東北地震関係 | TB(0) | CM(12)

福島の彼のことが心配

Tさんからこのようなメッセージいただきました。


初めまして。

いつも先生のブログを楽しみにしてます。

早速なのですが、福島県に住む彼と遠距離恋愛をしてます。

この前の地震では、彼は全く無事だったのですが・・・。

地震の日に地震発生から電話回線やメールの回線の混雑で6時間ほど私は彼の生死がわかりませんでした。

彼の無事がわかって、すごくほっとしたし、嬉しかったのですが・・・。

地震の日以来、彼のメールの返事が遅かったり、彼が電話に出れなかったりすると全身鳥肌がたって、体が震えるし、喉が詰まったように苦しくなって涙が出るんです。

被災地の彼が仕事や、(断水中だったため)水汲みや片づけなんかで忙しい事も理解してるし、放射能汚染で福島の人がどれくらい精神的にもキツイ事も理解してます。彼は、基本あんまりメール等に几帳面でもなかったし、彼が私に弱みを見せるタイプでもないからあえて返事さえもしてくれないのかなとも理解してます。

けど、すごく不安になるんです。すごく愛されていることも感じてるし、今は仕方ないともわかってはいるのですが・・・。なぜか、嫌われたんじゃないかとか、別れを言われるんではないかとか、しんでしまったのではないかとか、次から次へと不安が押し寄せてきます。

このままこんな不安定な彼女だったら彼にもきっと負担をかけてしまいそうで、どうしたら前の様に「返事が返ってこないのなんていつものこと!」って平然と思えるようになるのでしょうか。

ぐだぐだと、書いてしまいました。

どうか、先生、アドバイスなどがあったらお願いします。




この状況では、彼から連絡がちょっと来なかっただけで心配になるのはよくわかるわ。


不安になって当たり前よ。


こういうときは無理に平然としようと思わなくていいのよ。


だって愛している人なんですもの!!!



まずは自分の気持ちを無理に押さえつけないようにすること。



不安でいいのよ。



今は大変だと思うけれど、悪いことばかりじゃないから。



何より彼が無事だったんですもの。



結局、人の運命って、どうにもできない部分があるもの。



そこで、いろいろ不安になってもしょうがないのよ。



結局、アテクシたちには悔いのないよう、最善をつくすことしかできない。


でも、それが一番大切なことじゃないかしら?



ジョセフィーヌはいつも言うの。



「自分がいつ亡くなっても、悔いはないように生きるようにしてる」



凄く難しいことだし、アテクシもそこまでの心境にはなっていないけれど、



でも、それが一番だと思うのよね。



不安になるエネルギーを、「彼のために何ができるか」ということに費やしましょ。




[ 2011/03/29 17:55 ] 東北地震関係 | TB(0) | CM(0)

過去の秘密

実家の近所に、とっても元気なおじいさんがいるの。


この人、どう見ても70才ぐらいだが、



実は95才。



毎日愛犬連れて小走りで散歩してるらしい。



背筋もピンとしてて、とっても元気なのよ。



男で95で、これは驚異的。



ある日アテクシ、そのおじいさんに聞いてみた。



アテクシ

「元気ですよねえ。


秘訣はなんですか。」



おじいさん

「別になーんにも考えとらんが。




飛脚やってたからかのう。」



飛脚!?


ってあの、佐川急便のマークになってた飛脚???



ジョークかしら、本当かしら。





[ 2011/03/29 11:03 ] 東北地震関係 | TB(0) | CM(10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。