スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お花畑

ジョセフィーヌとお母さんとお花畑に来たわ




ジョセフィーヌ
「白くて丸いね」



ジョセフィーヌ
「黄色くてでかいね」

もうちょっと情緒のある描写なさいよ!



Android携帯からの投稿
スポンサーサイト
[ 2012/09/23 17:35 ] ブログ | TB(0) | CM(9)

これはっ!

おでかけ先で発見

これ、どういうネーミングセンスよ!







Android携帯からの投稿
[ 2012/09/09 19:51 ] ブログ | TB(0) | CM(13)

やらし

外で見つけたこんなもの



扇風機にかけたネットが膨らんでまるでち○び

お下品ですいませんね


Android携帯からの投稿
[ 2012/09/08 18:38 ] ブログ | TB(0) | CM(14)

お悩み相談 その659「震災後の姉」

Q. Kさんからのメッセージ


Tomy先生


初めまして。
いつもブログ楽しく読ませていただいています。
今回は私の姉のことで相談させていただきたく、メールしました。


姉一家は、津波被害にあった被災地に住んでいます。
姉の家は浸水は免れたので現在も以前と同じ家に暮らしています。

姉は元々生真面目で物事を突き詰めて考える性格でしたが、震災後はやはり特に不安定になっています。


書ききれないほどに色々細かい話はあるのですが、姉の話を聞いていると、どうやら姉が将来を憂う一番の理由は「経済的な問題」のようです。


小さな子供を抱え、これから自分たち家族だけでもお金に関しての課題はある。
津波の前はそれでも暮らしはなんとか成り立っていたけれど、今は…。

姉は、「私が我がままなんじゃないか」「私さえいなくなれば・・・「これからどうなるの」「つらい」「でも私は家族もみんな生きてるし、まだ恵まれている方なのに、こんなこと言って申し訳ない」

と、もう悲観的このうえなく・・・。

小さな子供たちもいるし、私としてはもっと気持ちを強く持って、子供たちを守ることを一番に考えてほしい、と思ってしまいます。
あの子たちを不安にさせないように。
(実際、母である姉のこの不安定さを見て、子供たちも不安を感じているようです。)


姉のことは大好きですし、元気になってほしいと心から願っています。
私が話を聞いて、少しでもストレス発散になれば・・と・・・

でも、この一年間何度も何度も同じことを繰り返し、私が何を言っても「だって○○だから無理だし・・・」「でも・・・」というネガティブ発言に、
「もう!しっかりしてよ!!子供たちはどうなるの!!」と、時々言いたくなります。

姉の元々の性格を考えると、追いつめることは言えない、と思い、上記のように思っても姉には一切言っていませんが・・・。


「落ち着いてよーく考えたらホラ、悲観することばかりじゃないでしょー^^?」と、比較的明るいトーンで話をするようにしています。



今日、またどんよりとしたメールが来ました。

津波の傷跡がまだまだ残るあの街にいるのがツライ、と言っていました。
逃げたい。引っ越したい。って。


先生、私は妹として何ができますか?


暗い要素ばかりじゃない。
明るい要素だってあるから、そこを見つめて、課題は一つ一つ順番にゆっくり片付けていけばいいんじゃない?とは
伝えましたが、耳に入らないようです。


アドバイスいただけましたら嬉しいです。


A.


あの震災は、きっと決して忘れようとしてもできない出来事だわ。


まして被災されたお姉さまにとっては、どれほどの衝撃だったかと考えると…。


そして、お姉さまのことを気遣われる、あなたの優しいお気持ちにも打たれました。


今の状況は、うつ病、あるいはうつ病に近いところにある可能性が充分あるわ。


もともと、お姉さまの真面目で責任感のあるご性格はうつ病になりやすいと思うの。


これだけ大きな出来事、環境の変化があれば、無理もないことよ。


うつ病に近い状態になると、人間は視野が狭くなるの。


何もかもが、自分が悪いように思えてきて、全てが悪い状態にあると思ってしまうのよ。


こういうとき、あまり言葉で説得しても入らないことがよくあるわ。


話を聞いてもらおうとするのはいい兆候なので、「うん、うん、そうだね。私はいつでもここにいるから大丈夫」という感じで聞くのがいいわ。


でも、今一番必要なのは医療の力だと思います。お姉さまは、考えること、やることが多すぎて、混乱している状態。


休息と、場合によっては抗うつ剤などの薬物治療も必要かもしれないわ。


まず、精神科を受診しましょう。


今のネガティブな感じは、お姉さま本来のものではなく、一時的なものだと思うわ。


元気になってくれば、また考え方も元にもどると思うの。

注:この方は、掲載前にメールのやりとりをさせていただいております。無事に医療機関を受診されたということです。

参考になったかしら?


☆アテクシ初の単行本が、セブン&アイ出版様から7月18日に発売されました☆


「おネエ精神科医のウラ診察室」大好評発売中!!

※速報

アマゾンページの本の画像部分「クリック なか見!検索」をクリックすると中身が少し読めるようになりました!!
気になっていたけれど、内容ちょこっと確認してからにしたいワ!という方、ぜひお試しくださいませ!!


コチラのリンクからアマゾンで買えます↓↓

おネエ精神科医のウラ診察室


・職場の人間関係はアイメッセージ戦略よ!
・イヤな人は「ラベリング効果」で受け流しちゃえ!
・最初からやりたいことを仕事にできる人って、いないわよ

・自分を責めちゃう自責思考には、全力一本の法則よ!

・親に認められなくても、自分の人生を生きるのよ!
・パートナーがいない人生もアリ。ひとりでいることに自信を持つのよ! ほか


※メルマガはコチラ↓
「オネエドクターのココロの処方箋」

メルマガでも週に一度、素敵なココロの処方箋お送りしてます。

◎登録方法
・PCの方

ブログトップにある、メルマガ登録フォーム、もしくは

http://www.mag2.com/m/0001354055.html

から

・携帯の方

http://mobile.mag2.com/mm/0001354055.html

から

※ツイッターはコチラ↓↓










[ 2012/08/02 12:43 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

ご相談者からの嬉しいお便り♪(再掲します)

※先日UPした記事が、なぜか見れなくなっていたので再掲いたします。


どこをどう読み返しても、問題ある箇所はないんだけどなあ…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お悩み相談 その648のNさんからおたよりいただいたのでご紹介しますわ。

http://ameblo.jp/kazeyokoiyo/entry-11306423300.html


トミーさんへ

お悩み相談№648のNです。
この度はご相談にお応えいただき、掲載して頂きまして本当に感謝しています。



僕は当時、Tomyさんのブログを見つけて、縋る思いですぐにメールを書きました。
当時はもう一杯一杯だったのだと思います。

お返事にも書いてありましたが、何の「覚悟」なのか非常に分かりにくいものでしたので、お礼も兼ねまして記載させて頂きます。

お時間がありましたらお読みください。


私はゲイ男性で、相方がおります。付き合って10年です。


借金との生活に大変になり、相方に相談して、大変申し訳ないながらも相方が毎月金銭的な手助けをしてくれています。

その上に母親を食事や旅行に連れて行ってくれるなどしてくれます。
しかも母親には「僕が稼いだお金を使っている」ということにしてくれています。
親友が親のお金を出すのはおかしいからと。

相方への感謝の気持ちは勿論でしたが、僕には申し訳ない気持ち、自分が情けない気持ちも沢山あり、こうも毎月、毎日を苦しめる「お金」というものが憎くて、そんなお金に振り回されたり、相方を不幸にさせてしまっている事を終わらせたい、何より相方と一生ほのぼのと暮らせたらいいだけなのに、これからまだ何十年も借金と母親を背負っていかないといけないという現実に「よし!やってやるぞ!」っていう覚悟が出来ませんでした。


「自分がしっかりしないと!」
「楽しく明るい自分が好き!そんな自分に戻らなきゃ!戻りたい!」
そんなふうに思っていたら、なんだか以前より明るくなってしまいました^^;

トミーさんに相談して、毎日ブログを拝見していました。
色んな人の相談を読み、トミーさんの返事を読み、その度に心は晴れました。

そして、何といってもジョセ様とのほのぼのとした生活の垣間見えるブログを読んでは笑顔になり、「ウチもこんな感じだなぁ♪」とか「どこの夫婦もこんな感じなんだな♪」って自然と笑顔になった。

そしたらふと、「なんだ…僕は幸せ者じゃないか。どんなに苦労をかけても、一緒に過ごしてくれる相方がいるじゃないか」って思えました。

トミーさん、
本当にありがとうございます。
返事と掲載も本当に嬉しかったですが、何より、トミーさんのブログが道に迷った僕に、足元を照らす光をくれました。

もう暗い毎日はこりごりです^^
いまだにね、母親とか借金とか…「あーあ」と思いますが^^;
でも、誰にでも苦労はある。同じ苦労するのなら笑っていたい、相方と一生笑っていたいという気持ちがあれば、何があってももう大丈夫のような気がします。


トミーさんに感謝です!
そしてジョセフィーヌさんにも是非お礼をお伝えください♪
共にいつまでも、素敵な夫婦でいましょうと^^

今度は相談ではなく、普通にコメントいたします☆

それではっ!



なんだか、とってもうれしくなっちゃっちゃたので、本人のご了解いただいて掲載させていただきました。

しかも本まで買っていただいたのこと。
Nさん、ありがとう!!

いつも、毎日お悩み相談をコツコツやっていて、お礼のメールをたくさんいただいております。

なかなか全部にお返事できていないのですが、必ず目は通させていただいておりますわ。

そして、読者の方からのお言葉を励みに、また次のお悩み相談に答えていく毎日でございます。


おかげさまで本も出版するに至り、言葉にならない程感謝しております。

本当に、ふつつかなおネエ精神科医なんぞにお付き合いいただき、いつも皆様ありがとうネ!!


☆本のご紹介☆

「おネエ精神科医のウラ診察室」

おネエ精神科医のTomyが、わかりやすく生き方アドバイス!!カツヤマケイコさんのイラストで、コミックエッセイ風に楽しく読めちゃいます。笑って、泣いて、役に立つ、そんなこころの処方箋。

●内容紹介

第1章 仕事がつらい。人間関係がしんどいときは?

第2章 弱い自分のままラクに生きましょ

第3章 色恋沙汰と夫婦愛の悩み

第4章 親に認められなくても、自分の人生を生きるのよ!

第5章 人生の“なんとなく不安”をぶっとばしなさい!


※現在、好評のためアマゾンの在庫が少なくなっております。場合によってはお取り寄せになる場合があります。ご迷惑おかけしています。

おネエ精神科医のウラ診察室


※メルマガはコチラ↓
「オネエドクターのココロの処方箋」

◎登録方法
・PCの方

http://www.mag2.com/m/0001354055.html

・携帯の方

http://mobile.mag2.com/mm/0001354055.html


※ツイッターはコチラ↓↓







[ 2012/07/22 10:45 ] ブログ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。